スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らく~にチューブレス化

2017.02.07.16:10

こんにちは、ザックです。シクロクロスシーズンは残り一か月ぐらいですね。通勤にも使っているタイヤがほぼスリックになったので、今週末のシクロクロス東京の前に変えたくて、いつものチューブレステープではなく、Effetto Mariposaのチューブレスストリップを使ってみました。

pack front pack back

中身はストリップ2枚、バルブ2本。ストリップはマリポサ社独自のポリマーを使っていて、伸縮性があり、非常に強いです。もちろん限界があるでしょうが、強く引っ張っても全く破れそうにない。ドライバーを刺しても破れない。

driver

(お腹の方に穴が開きそうぐらいな力を入れています)
化学反応しにくい素材ですが、アンモニアなどが入っているシーラントの使用が劣化の原因になるので、同社のCaffe Latexシーラントをお勧めします。

rim width strip width

今回のリム幅は23mmなので、標示通りにSを選択。リムの内幅は18mmで、ストリップ自体は25mmあり、余りそうだが、テープと違って、ストリップがタイヤビードと接触して密閉するようになっている。

valve

先ずは、バルブをストリップに入れて、バルブをリムに通して固定する。ストリップにすでにバルブの半径ぐらいの直系の穴が開いていいます。テープの場合は穴を開けなければならないので、下手すると穴が広がりすぎてテープが割れてしまうこともあります。こちらは、少し力が要りますが、このタイトさがテープより安心します。

lever

ストリップを伸ばしながらリムに付けて、最後にタイヤレバーなどでセンターを確認する。バルブとストリップの取り付けは2分もかかっていないでしょう。非常にシンプルで速いです。

rim

センターを出したら、サイドはこんな感じです。タイヤのビードが問題なくはまりそうです。

air

次はタイヤ(オールラウンドに使えるIRC社のSERAC CX X-Guard)を付けて、空気を入れる・・・一発で上がりました。

latex

最後にCaffe Latexシーラント40mLを入れて、また空気を入れて終了。昼ごはんを食べてから作業を開始し、古いタイヤの空気を抜いてから、最後までは30分ぐらいでした。残っていたラテックスをリムから除去する時間はその半分ぐらいでした。

ここまではいいことばっかり・・・値段もそれほど高くない(ホイール2本分で4,500円+税、通常のテープ+バルブは3,600円+税):時間の短縮を考えれば十分安いではないか。テープと違って、再利用できるので、オフロード使用でホイールより寿命が長いかもしれません。
弱点は一つだけ:重量です。1本あたり40g(29”用、Sサイズ実測)でしたが、外したテープ(2枚巻き)は8gでした。1gでも軽くした方にはこの重量は嫌でしょうが、普段使いに気にならないでしょう。ちなみに通常のブチルのチューブレスライナーは65gぐらいです。
時間の短縮や楽さ以外の利点は「難しい」リム:チャンネルが深いリム、アシメトリックなスポーク穴のあるリム、アルマイトがザラザラでテープがくつかないリム、製造からの凸凹が残っているカーボンリム、溶接なくピンでつないでいるリムでもチューブレス化にできます。米式も対応しています。100psi/7 barまで使いえるので、ワイドなロードタイヤやアドベンチャーロード使用の可能です。



done

これはフィルターではないです。そろそろスマホを修理に出さなきゃ(>_<)

スポンサーサイト

BMC- Etixx Pro Triathlon Team powered by Uplace 選手紹介

2017.01.30.11:57

こんにちは、BMCファミリーの選手紹介、第2弾です。今回はBMC-Etixx Pro Triathlon Team presented by Uplaceの選手を紹介します。
先ずは、チームの紹介。2010年にベルギーの不動産グループUplaceのサポートでUplace Pro Triathlon Teamとして結成され、14年からBMCがタイトルスポンサーとして加わり、16年からベルギーのスポーツニュートゥリションブランドEtixxもタイトルスポンサーになりました。BMCのバイクサポート、Etixxの栄養サポート、Uplaceの運営経験と、他のスポンサー・サプライヤーの力で、アスリートに最高な環境を提供して、ロングディスタンストライアスロンの頂点を目指す事を目標としています。そして、チームメイト同士が一緒に練習したり、お互いに支え合ったりし、同じ目標に辿り着くことができるよう努力しています。

BMC Etixx 1a

Photo © BMC-Etixx Pro Triathlon Team presented by Uplace (公式ウエブサイトから拝借しました)


15年の年末のチームキャンプでインタービューをしたのは、フランス人選手Romain Guillaume(ロマン・ギユーム)でした。2009年のプロデビューからロングディスタンス中心で活躍してきました。ロングの世界選手権アイアンマンハワイでの最高成績は10位(2014年)。BMCがスポンサーになって14年からチームに所属し、今シーズンもコナに向けてレーススケジュールを組んでいます。

Romain IM France
(本人のウエブサイトから拝借しました)



15年シーズンを振りかえってもらいました。
「15年シーズンは14年ほどよくなかった。トレーニング方法を変えたが、それに慣れるための時間が必要でした。シーズン前半は順調で、ニースで3位に入り、夏にいい練習ができて、9月にコテ・ド・ボーテと ランザローテの70.3大会で2位に入りました。ランザローテでは前年よりランパートで5分ほどタイムを伸ばすことができ、ハワイに向けて、大きな自信になった。今年の目標はランパートの強化でした。今までバイクとスイムは得意でしたが、ランが弱点だったので、この結果は励みになった。
しかし、ハワイでは、バイクパートでのペース配分を失敗し、マラソンをスタートした時点ですでに脚がダメで、前年より20分ほど遅かった。レース前とレース中も調子が良く、トップテンを狙える状態だったのに、19位で終わってしまって、かなり落ち込んでいた。
IMマレイシアでリベンジしようと思ったが、ハワイとマレイシアの間に練習しすぎた。レース当日の体調は良く、スイムとバイクで先頭にいたが、溜まっていた脚の疲れ、そしてメンタルの疲れで、ランで遅れた。バイクパートで飛ばすのが好きで、ニース大会においても10分ぐらいリードをしていた。しかし、精神的に疲れている状態であると、フルマラソンを早く走るために体をプッシュする気力が足りなくなる。バイクが得意なので、飛ばせば楽しいが、ランが心配になる。マラソンのスタートで脚が万全な状態でなければ、記録が伸ばせない。マレイシアのコースは自分にに向いているので、いいレースができるはずだが、シーズン終盤でレースに挑むのであれば、練習方法を変えなければならない。疲れている時に追い込む傾向があるけど、今回の結果から習って、疲れている時には休むことを覚えなければならない。
15年では、一年中週に32時間ぐらいの練習をしていた。16年では、3週間で30、35、40時間の練習まで上げてから、10-12時間のリカバリーウィークを入れる予定です。身体だけのためでなく、メンタルのリフレッシュのために、トライアスロンを考えない時間を入れていきたい。」

振り返って、16年は中々思うように行きませんでした。IM UKやIM Mont Tremblantでハワイアイアンマンの出場枠を目指して、どちらもDNFでコナの夢がなくなりました。DNFからフィジカルとメンタルをリセットして、年末をIM 70.3 Bahrainで4位に入って、調子が少し戻りました。



Romain roots

(本人のウエブサイトから拝借しました)

トライアスロンをするきっかけは?
「父親がスイム・トライ コーチなので、8歳のころに初めて参加してみた。既に父のもとでスイム練習をしていて、町の陸上クラブにも通っていた。最初は勝てて楽しかった。父の体験談のまねをして、母の衣服を改造し、スイムで着るタンクトップを作った。T1で他の子はTシャツに着替えるから、僕はもう2分のリードをしていた(笑)。しかし、16,17歳の頃には、他の子も真面目に練習をしていたから、追いつかれて勝てなくなってしまい、完全にレースを止めた。そして20歳で父の誘いでロングディスタンスレースに一緒に参加した。S4/B120/R30のレースで、無計画に飛ばして、バイク中間点までリードしていたが、ランパートのほとんどを歩いて、ゴールで倒れた(笑)。しかし、その空白の時間、そして長距離レースのチャレンジや雰囲気のおかげで、改めてトライアスロンの魅力を感じ、ハワイへの夢を見ながら、再び練習をはじめた。
2007年にエイジカテゴリーでハワイに挑戦して、バイクパートの途中まではリードしたが、ランで失速した。08年にカテゴリーで2位になって、ハワイでプロとして挑みたいと決心した。09年はプロ登録したが、スイムコーチの仕事をしながらだったので、レース結果はいまいちだった。前年のエイジ2位のレベルでは、プロレースでは通用しないことを痛感した。両親と相談し、仕事を辞め、両親のサポートのおかげで、フルタイムアスリートの生活をはじめた。
10年シーズンにはレベルが上がって、プロとしてIMマレイシアで3位、IMウィスコンシンで2位の成績を残し、だんだんスポンサーがついてきて、14年からBMC-Uplaceと契約を結んだ。」



Romain bike

(本人のウエブサイトから拝借しました)

小柄(168cm)な彼にバイクで強くなりたい日本人アスリートへのアドバイスを聞きました。

「ド平坦なコースでは、大きいライダーにはとても勝てないので、アップダウンのあるコースを選ぶ。実家はアルプスの麓にあり、若いころはいつも山で練習していた。自分は「クライマー」とは言えないけど、大きいやつと比べてアドバンテージがある。だから、登りの長さなどを研究し、ハードなバイクコースのあるレースを選ぶ。アップダウンが特長であるIMランザローテやIM70.3モン・ トランブランでプロとして優勝した時には、得意のバイクを活かせた。
以前は平坦の練習を結構していたが、現在ニースに住んでいて、坂の多い地形なので、5-7%の登りを使って練習している。急な坂で走るとぺダリングが変わるので、あまりしない。
インターバルは、15-20分やるけど、長くなると平均パワーが落ちるので、1分ハード/1分リカバリーの練習をすれば、平均的に高いパワーを保てる。



16年」までのバイクを紹介します。

Romain bike1a

Photo © Futaba Shoten
フレームセットはスタンダードなTM01、Sサイズです。p2pステムシステムでほとんどのライダーがポジションを出せますが、ギユーム選手はもう少し低くするために、CNCアルミで特別なステムを作りました。Di2ワイヤーでちょっとわかりにくいですが、ハンドル受けが直接フォークに繋ぐ形になっています。

Romain stem 1a

Photo © Futaba Shoten

通常の場合最も低く、そして短くした位置はこちらの写真の組み合わせですが、ギユーム選手の特注ステムではハンドルが赤い○の位置位でしょう。プロならでのこだわりですね。

Romain TMstem

その他のところは基本的にスポンサーのパーツを使っていますが、あちらこちらに手作り感が出ています。シーズンが終わってから放置した状態で、落車で破れたままのバーテープを恥ずかしがっていました。

Romain bike5b

17年は新型のタイムマシーンを使用します。今までの仕様とどう変わるかが楽しみですね。

最後に、「自転車で強くなりたい方へのワンポイントアドバイス」を聞きましたら、ツーポイントのアドバイスをいただくことができました。



一つ目は、レースでは主に平坦を走っても、登坂の練習をすること。
二つ目は、ちゃんと練習すること!やっぱりバイクの練習をしないと、強くならない。


一年間を忘れたい16年シーズンでしたが、なんと、17年シーズン初レースのIM 南アフリカを優勝しました!
彼はアジアのレースにも出場しますので会場で見かけましたら、ぜひ声をかけてください。とてもフレンドリーな方です!

more...

お忘れ物のご報告申し上げます。

2017.01.26.16:25

皆さま
こんにちは

バロンです。


先日25日、26日に開催されました「フタバ商店 2017年度パーツ/アクセサリー展示会」では
ご多忙の折にもかかわらず弊社展示会会場にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを
心よりお礼申し上げます。


今回、展示会場にてお忘れ物がございましたので
フタバちゃん内でそちらのご報告を行いたいと考えております。

お忘れ物ですが、
NORTH WAVE 冬用グローブ 1ペアでございます。
カラーはネオンイエロー
サイズはLサイズとなっております。

KIMG1018_convert_20170126162455.jpg


お心当たりのある方は
フタバ商店までお願いいたします。

こんな寒いとき、だからこそ

2016.12.16.18:55

皆さま
お久しぶりです。
バロンです。

この冬一番の寒気で雪が降るところも多い中、どうお過ごしでしょうか?
私はあまりの寒さに、、、布団から出たくない症候群、、
とてもとても辛い季節となってしまいました。


ですが
そんな辛さも忘れさせる
クリスマスが間近に迫ってきました!
みなさんプレゼントは何を頼みましたか?
私はサンタさんにTM01を頼みましたが、おそらく成就しないでしょう。。。


そんな私もほっこりするようなものを今回ご紹介
プレゼントにもおすすめです


ribcap_lenny_bordeaux.png
ribcap Lenny

ニット帽?
いえいえ、ただのニット帽ではございません

スイスで開発された『粘弾性ポリウレタン』を使用したヘッドプロテクターなんです!
この素材、頭部の保護はもちろんのこと、
低温でも影響を受けにくく、硬度に変化がおこりにくいです。
ヨーロッパでは自転車以外にも、パラグライダー・スキー等にも多用されている代物なんです。


自転車乗りの私としては

サイクルジャージ着ない、、、
あのスポーティなヘルメットには抵抗がある、、、

なんて方にオススメです(ヘルメットナシ、ダメ、ゼッタイ

豊富なカラー展開で、おしゃれを気にされる方にもぴったりです。
カラーはなんと全7色!!
Black(anthracite)
Bordeaux(ワイン)
Curry(イエロー)
Grey
Khaki(カーキ)
Marine(ブルー)
Rose

0G2A0994_convert_20161216174950.jpg


普段着で走られる方は『服がカジュアルで頭がスポーティ』という
あの何とも言えないアンバランスさから解放されます。


さらに
「Lennyみたいにトップをあんなに残したくない」という方には

ショートニット帽のタイプもございます

Iggy_stripyL_convert_20161216183917.jpg

Iggy

今ご紹介させていただいたカラーはstripeというもので
他にも
Browu
Red-marine


ここまでくると逆に悩みますね

カラーの豊富さで言ったら
アパレルの多いウィンタースポーツやスケートボードをされている方にもオススメです。


特に冬場も走られる方には是非使ってほしいですね
路面が凍って滑りやすくなっていたり、
走っていると風で体感温度が低かったりと

困ることが沢山

もし滑って転んでも普通のニット帽より安心!

さらに
実はこの中に、、、
KIMG0973_convert_20161216183356.jpg

耳あてが付いているんです
これで冷たい風が吹いても耳が痛くなりにくい!!


よく考えられて作られております


あと普通のニット帽より優れているところは

ori_5E32C96D-5056-991B-C739C04572C991E6_convert_20161216175826.jpg

喉元にご注目!!
そうです
あごひもです


私がボードに行くとよくあるのが
頭から落ちた時、ニットが雪に引っかかって脱げる

あれ?私だけですか?
まぁ頭からはそうそう落ちないのかな、、、

あとはゴーグルを付けてニットを被ると
ゴーグルに押し上げられて帽子が脱げる

これはスノーボード初心者のあるあるですね

あごひもがあれば脱げる心配なんてないのです!!

それを気にする、しないで滑りの質は変わると思います。
心配がなければより滑りに集中できるのですから

Ueli_for_Testimonials_530_365_convert_20161216181308.jpg
イメージとしてはこんな感じですかね?
私も今シーズン滑りに行くので
また改めて感想を述べたいと思います
私はビンディングのカラーに合わせてMarineにしようかな?

ribcap_lenny_marine.png

Marineシック!
なんにでも合わせられそうです


自転車以外にも使えるのは個人的にかなり良い点だと思います。

二足の草鞋と申しますか、
ウィンタースポーツとスポーツバイクの両立はやはりお金がかかる
ひとまとめにできるならそれに越したことはないです

そして浮いた分、別のパーツに使ってしまうという
本人満足、金額結局トントンという私が最もやりがちなパターン、、、


ちなみに
Lenny と Iggy

共に14.000円(税別)

ミドルグレードのロード用ヘルメット買えるくらいの金額でしょうか?

いろんなシーンで使っていけるニット帽プロテクター
最近は所々がかじかんで、走っていると痛くなってくる季節となってまいりましたが
これを被って冬もサイクリングやウインタースポーツを安全に楽しんでみてはいかがでしょうか?

余談ですが…
先ほど耳当てを撮影したときに見つけました

KIMG0975_convert_20161216181621.jpg
洗濯表示です
左から順に説明いたしますと
・手洗い(優しく)
・アイロンできない
・漂白不可
・ドライクリーニングはできない
・タンブラー乾燥はできない

ということは
手洗いで陰干し等して乾燥させれば洗えるということですね

意外と冬も汗をかくので洗えるのは便利です

以上バロンでしたー

今回が第14回目!!!

2016.11.29.15:42

皆さんこんにちわ
バロンです。

完全に秋を通り越して冬ですね。
各所スキー場が開いてきて
少しずつダウンヒラーの居場所が減ってきて
悲しくなる今日この頃です

仕方がないです自然には勝てませんね
いっそのこと雪山ダウンヒルというのも面白いかもしれません。

さて、この話は置いといて本題に

タイトルで気付いた方も多いはず!
今年も参加いたしますよー

12月3日(土)に行われる
第14回スポーツバイクデモin埼玉

出店いたします。


一週間を切りました!
今週ですね
今回、皆さまにフレッシュな情報をお届けしたいと思います。


まずは試乗車紹介です
※車体名/サイズ/カラー/コンポーネントの順です。
SLR01 / 48 / LeMans / Ultegra
SLR02 / 54 / Yellow / Ultegra
SLR03 / 51 / Red / 105
ALR01 / 47 / Blaze / 105
Roadmachine01 / 51 / White / Ultegra
Roadmachine02 / 51 / Ultegra / Grey
Roadmachine03 / 51 / White / 105
CXA01 / 48 / Shark / 105
Timemachine01 [ M/S ] Ultegra Di2 / Black
Timemachine02 / S / Ultegra Di2 / Orange

といったラインナップでございます。
※車体詳細ご興味の方
 リンク貼らせていただきました
 是非ご参考ください

皆さんお気づきでしょうか?
太文字になっているから気づきますよね💦

Timemachine01Timemachine02

そうです新型です

待ちに待った新Time Machineですよ!
いろいろと新しく、カッコよくなっております


今回なんと試乗車としての参加でございます。

大きなイベントでTime Machineを出すのは初めてですかね?

新発表のTTバイク見るなら、乗るなら
今がチャンス!!


今吟味しておけば来シーズンのトライアスロンには間に合います

レース機材であるSLRシリーズ
グランフォンド仕様のRoadmachineシリーズ
TTバイクのTimemachineシリーズ
シクロエントリーのCXA01
さらにエントリーユーザーと金属好きにはたまらないアルミバイクのALR01

いろんなシーンに合ったものをご用意させていただきました。

自分に合った一台、一緒にさがしましょう!!
他のメーカーさんのバイクと比較するのもいいでしょう。

こういったバイクに乗りたい
など用途をおっしゃっていただければ
目的にあったバイクをお探しせていただきますので
初めてBMCに乗られる方もご安心してブースに足をお運びください。

なお、試乗の際に試乗される方の身分証の方をご提示させていただいております。
運転免許証、保険証などを試乗の際には忘れずにお持ちいただくようお願いいたします。


さぁ!試乗会といえども汗かくくらいしっかり乗り比べてください!!
あと、個人差がございますが、寒くなってきたので
防寒装備をしっかり備えておくことをおすすめします。
風邪を引いたら元も子もないですからね。

寒くて走るには少し辛い時期ではございますが
大きなイベント!
BMCの各種モデルを乗り比べるチャンス!!

ぜひBMC乗りにきてください!
お待ちしております!!

試乗会詳細ご興味の方
詳しくはホームページをご覧ください↓
http://ysroad.co.jp/spodemo_blog/2016/11/04/1554

12月3日が楽しみですね
当日の天気もそこまで悪くはならないらしいので
休日の予定に入れてみてはいかがでしょうか?

以上バロンでした。
プロフィール

フタバ社員DS

Author:フタバ社員DS
フタバ商店社員による新製品ならびにレースレポートの紹介

一般ユーザーの方でカタログをご希望される場合は、総合パーツカタログ(756円分の切手)、またはBMCカタログ(864円分の切手)+送料(80円分の切手)を同封の上、ご希望のカタログを必ず明記にて下記の住所までご請求ください。 (希望とするカタログを必ずご指示ください。 送料は3冊まで80円分の切手でOKです。4冊以上は160円となります。)

452-0822 名古屋市西区中小田井3-360 
㈱ フタバ商店 カタログ係宛


電話、FAXによるカタログ請求は
固くお断り申し上げます。

商品等の質問につきましては
info@e-ftb.co.jpまでお願いします。
弊社では一般の方への販売は致しておりません

最新記事
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。