スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新者参上

2014.06.12.17:47

皆様こんにちは
新たにブログ更新の任を命ぜられました
侍(仮名)です。今後は私も更新させていただきます。

新アイテムや私が「欲しい!」と思ったアイテム情報を書いていきたいと思っています。
インプレッション記事が上がりましたら「コイツ物欲に負けたな」と認識してください。よろしくお願いいたします。
(なお、今までのスタッフも更新します)


さて、早速ですが先日入荷してきた商品の中でイイなーと思った物を紹介します。

GIYO GP-87E 1700円(税抜き)

ツーリングには欠かせない携帯ポンプ、GIYOからの新商品です。
gp-87e.jpg

仕様:
バルブ:米&仏対応、ダストキャップ付き
ボディ:アルミボディ+プラスティックハンドル
カラー:ブルー
最大圧力は100PSIと必要十分な数値。
逆にこれ以上の気圧を携帯ポンプでは入れたくないです・・・

さて、ご存知かとは思いますが、携帯ポンプのシリンダーからヘッド部に至る接続方法は現在3種類あります。
①シリンダーとヘッドが直接つながっているタイプ(一体型)
GM-04PL.jpg

②シリンダーから外部ホースを経由するタイプ(外出しホース型)
41N90Qh4wpL_SL500_AA300_.jpg

③シリンダーから内蔵ホースを引き出して使用するタイプ(引出延長ヘッド型)
gp-87e.jpg

①はお手頃価格で頑丈、構造も単純なため軽量に作れます。ただし空気を入れているときにバルブのネジを曲げやすい、空気を入れにくいというデメリットもあります。

②のタイプはホースの先にヘッドがついているため空気が入れやすくバルブを傷めません。デメリットもほぼなく、強いて言うならホース部が外に出ているのでちょっとカッコ悪く、紫外線ダメージで劣化しやすいかも?

③がGP-87Eに採用されているタイプです。ホースを内蔵しているためスッキリとしていてデザイン的にGOOD、機能的にもホースタイプの使いやすさを継承するため最近流行の形式で、私自身お勧めしたいタイプです。デメリットとしては少しお財布にダメージがあることくらいでしょうか。
DSC_0205.jpg
実際引き出した画像です。

しかし!GP-87Eはプラスティックハンドルを採用することにより③タイプのデメリットも克服して見せました! 
お値段1700円(税別)!これなら奥様も笑顔で許可を出してくれるでしょう。

私も入荷した直後から物欲神のささやきが止まりません。
そんなGP-87Eですが1つだけ足りないものがあります。

カラー展開です。

なぜブルーしかないんだ・・・
私の自転車はBlack×Redで締めてるのでGP-87Eが入る隙はない。デテイケェ!
一つ上のモデル(GP-87L)を買うしかないなッ!
gp-87l.jpg
プロフィール

フタバ社員DS

Author:フタバ社員DS
フタバ商店社員による新製品ならびにレースレポートの紹介

一般ユーザーの方でカタログをご希望される場合は、総合パーツカタログ(756円分の切手)、またはBMCカタログ(864円分の切手)+送料(80円分の切手)を同封の上、ご希望のカタログを必ず明記にて下記の住所までご請求ください。 (希望とするカタログを必ずご指示ください。 送料は3冊まで80円分の切手でOKです。4冊以上は160円となります。)

452-0822 名古屋市西区中小田井3-360 
㈱ フタバ商店 カタログ係宛


電話、FAXによるカタログ請求は
固くお断り申し上げます。

商品等の質問につきましては
info@e-ftb.co.jpまでお願いします。
弊社では一般の方への販売は致しておりません

最新記事
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。