イベント出張レポート in 99T 後篇

2016.10.19.18:27

お久しぶりです。
バロンです。

もうーいーくつ寝ると
そうですジャパンカップです。
刻々と迫ってきております。

フタバ社員一同、皆さんにご満足いただけるよう
着々と準備を進めております。

ジャパンカップを見に来た際
是非BMCブースにお立ち寄りくださいー
おまちしておりますよー


さて、本題に入ります。

投稿の間隔がかなり開いてしまいましたが
今回、99Tイベントレポート後篇
お待たせして申し訳ございません。

前篇で前日の初心者講習
中篇にて使用した機材紹介と
ご紹介する内容が前後してしまいましたが、

締めとなる99Tレース当日のお話です。

※前回のレポートにご興味の方
リンク張っておきましたので是非ご覧になってください。
99Tイベントレポート 前篇
99Tイベントレポート 中篇


初心者講習を終え、宿に戻ると
宿の女将さんに
「ここの夕食おいしいよ!食ってないなら食っていきな!」
と推し進められ夕食をそこで食べて

ご飯はおいしかったですけど、、、
とてもクセのある女将さんでした。
きっと悪い人じゃない、、はず、と考えながら、
湯に浸かり、明日に備えて早めの就寝。

朝になると雨は止んで
快晴と言いきれませんが、レースにはちょうどいい曇り具合でした。

KIMG0491_convert_20161019175627.jpg

会場もギリギリ良い天気?
雨が降らずよかったです。

レース開始時刻は

繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20161019175857

私、若いので
5WAVE 10:50 スタートです。

このあいだにトランジションの準備をいたします。

トランジションの配置は人によって異なると思います。
なので今回は99Tが推奨している設置法をご紹介したいと思います。
キャプチャ2

http://www.99t.jp/athlete_guide/ 99T ATHLETE GUIDEより抜粋

中にはトライアスロン用のバッグで
置くだけでトランジションの準備が済む
というものを使用している方もいらっしゃいました。

私はお隣の方が棄権していたので
少し広めに使うことができました。

レーススタートは一宮川河口周辺から開始です。

スタートはフローティングスタートです
(入水済みから)

1474961940304_convert_20161019180400.jpg


これはカテゴリーTOP 男子のスタート写真です。
見分け方はキャップの色で

皆さん、こんな感じでスタートします。


前日雨が続いたせいで海水もかなり薄くなり(元々河口なので薄かったのですが)
口に水が入っても全然塩辛くなかったです。
そのかわり水温が低くなっていて20数度?くらいに。
ただでさえ寒さに弱い私なので、
ほんと辛かったです。
ウェットスーツの素晴らしさを痛感いたしました。

あとウェットスーツが薄かったのか真水に近かったからなのか
あまり浮力が得られなかったので
次回、参加する時は保温目的で分厚いのにします。

ちなみに海中はかなりかき回されて
30cmもろくに見えるかどうか、
接触して初めて、前方に誰かいるっぽい
ってくらい視界悪かったです。

スイムとにかく寒かったので
ペースなどは考えずにいかに早く海から出られるか
それが私の中の第一優先事項でした。

おかげでスイムラップは0:28:22

海出てからは寒すぎて
トランジションでタオルにくるまり
数分動けずにいました。。。。

スイムを終えてトランジションに移動ですが

99T名物とても長いトランジション!!

どれくらい長いかと申しますと

map_swim_convert_20161019180709.png
http://www.99t.jp/course/ コースマップより抜粋

これはスイムコースのマップですが
スイムの片道と同じ、気持ち長いくらいの距離で
トランジションが設定されております。
道の両端にバイクラックがずらーっと
結構長いです。

トランジション区間はバイクを押していかないといけないんですが、
皆さんビンディングシューズで駆け足!!
クリート減っちゃうよ?
と思い見ていると

道がどんどん狭くなり、後ろから煽られる、、
自然と私も駆け足に、、、
クリートがぁぁ、けずれるぅぅぅ
と思いながらトランジションを走りました。


バイク区間は
さすがELEMENT
さすがVREDESTEIN
と思うくらい走りやすかったです。

決戦用、買っておいてよかった、、


もしかしたら道も良かったのかもしれないです。
有料道路を封鎖してコースとして使用しているので
砂利などもあまり落ちていなく、ついつい速度を出してしまう、、、

さらにコースは直線とターンしかないので
なおさら足に力が入ってしまう、、、

海風を警戒していたんですが、周りの防風林のおかげか、
フロント/85mm リア/ディスクでも海風をあまり気にせず走れました。

道はこんな感じ
https://www.youtube.com/watch?v=N6Q4Qzjtjp0
※99T COURSE MAPより抜粋
99Tのバイクコースを運営側様が選手の為に作成したものです。

次回はウェアラブルカメラ持って走りたいですね。


バイクを終えて、ランに移動しますが
ここもビンディングシューズで駆け足

クリートもうズルズル、、、

バイクラックにバイク掛けて
シューズ履き替えている最中
トライアスロン向けのランニングシューズが
販売されている理由をこの時、知りました。

靴ひも時間かかる、、、


最後のランは
序盤のスイムが響いたのか疲労が溜まったり、
雨が降り出して水たまりや砂が水吸って滑りやすくなってきたりと、
そしてなにより雨で身体が冷える
心身共にかなりしんどかったですが、
街頭のスタッフ、応援してくれる方々の声援のおかげで何とか走り切れました。

KIMG0492_convert_20161019181039.jpg

最後2キロ区間
海を見ながらラストスパート!!
駆けていきます!!


KIMG0497_convert_20161019181247.jpg

ゴールは本会場の真ん中
声援のなかゴールできます。

さらにゴール上にはしっかりタイムまでついています。
写真を撮ってもらうには最高の環境です。

さらにこのレース
フィニッシュを家族や友人とできるんです!
最近は厳しくなっておりますが、この99T、家族ゴールできます。
走らない方も楽しめるレースですね

ゴールするとMCの田中律子さんが一人ずつ名前を呼んでくれて
励みの言葉をくれます。

KIMG0526_convert_20161019181454.jpg

さらに完走者には完走した証としてFinisher Medalが渡されます。
ゴール直後に首にかけてもらえますので
自分は完走したんだ、やりきったんだ、とすぐ感じさせてくれます。

レースが終わったら
ビーチパーティーでハマグリを焼いたり、カレーを食べたりと
後も楽しめます。

ちなみに私はカレーとクラムチャウダーで身体を暖めて、体力の回復

ブースによってはアンケートを書くとプレゼントというものもございますので
ぜひ活用してみてください。
私はそれで、かき氷かクラムチャウダーか
でクラムチャウダー取りました。

ちなみに各ブースで完走記念フォトみたいなものも
やっておりますので思い出づくりにどうぞ

KIMG0496_convert_20161019181713.jpg

雨が降っても大盛り上がり!!

友人や部活仲間やチーム同士
箇所、箇所で皆さん写真撮影しておりました。

みんなで完走したことに大賑わい!

KIMG0503_convert_20161019181900.jpg


レース終わりはブースで商品探し&立ち話

完走を称えあい、レースの辛かったところを話したりして、
商品を見て
「あぁ、これ買っとけばもう少しタイム伸びただろうなぁ」
なんて思ってイベント価格と聞いて即時購入!!
ということもしばしば、、、

結構レースが終わっても会場に残っている方が多く、
お祭りのような雰囲気でした。

周りの皆さんのお話しを伺いますと、
初めて参加したけど超楽しい、や
バイク良いの買えばもっと早くなるのかなぁ、
もうちょっとウェットスーツ良いの買っておけばよかった、など

なかには、CHINTAIのグラチアの子が可愛かった
ReRaKuのマッサージの女の子が可愛い
など

レース以外にも楽しめる?要素が盛りだくさん!!
機会があれば是非99T参加してみてください。



今回初めてのトライアスロン参加でしたが、
辛くもあり、楽しくもありました。
正直、スイムの時は
海干上がってしまえ!!
と思うくらい辛かったです。
ランの最中も
なんでこんなことやってるんだろ?
と自問自答してしまうほど

なのに、なぜか走ることをやめず
近くにライフセーバーの方がうきわ持って待っているのに
苦しくなったら背泳ぎしてまで泳ぐ

歩いても完走できるだろうと心の隅で思ってても
何故かそれが納得できない。

他の方で、辛くて歩くのもやっとでも
決して立ち止まりはしない。

自分と競う
自分の限界に挑む
そんな不思議なスポーツでした。


オリンピックディスタンス、比較的短い設定の距離でしたが
達成感と充実感はかなり感じました。
言葉で表現するには難しいですが、
なにか自分の中で変わったような、気づかされたような、
この経験は何事にも代えられないものでしょう。


皆さんもトライアスロンに挑戦してみては?
走り切った先、きっと何か得られると思います。

以上バロンのイベントレポートin 99Tでしたー
なんか最後固すぎましたね💦

プロフィール

フタバ社員DS

Author:フタバ社員DS
フタバ商店社員による新製品ならびにレースレポートの紹介

一般ユーザーの方でカタログをご希望される場合は、総合パーツカタログ(756円分の切手)、またはBMCカタログ(864円分の切手)+送料(80円分の切手)を同封の上、ご希望のカタログを必ず明記にて下記の住所までご請求ください。 (希望とするカタログを必ずご指示ください。 送料は3冊まで80円分の切手でOKです。4冊以上は160円となります。)

452-0822 名古屋市西区中小田井3-360 
㈱ フタバ商店 カタログ係宛


電話、FAXによるカタログ請求は
固くお断り申し上げます。

商品等の質問につきましては
info@e-ftb.co.jpまでお願いします。
弊社では一般の方への販売は致しておりません

最新記事
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード