ボトル上手く積めれてますか?

2017.04.20.17:42

皆さま
お久しぶりです

バロンです。


今まで何をしていたのか、ですか?
寒いから布団に籠城していたワケではないですよ
(布団のなかで記事を書くことはございましたが、、、)

今までのブログ投稿の内容でどこか改善する点はないか、など
いろいろ模索していましたら
気づけば4月、桜が咲いておりました。

4月から晴れて入社2年目、社会人2年目
新企画など新しいものを投稿できたら良いなと思っております。

今年もいろんな情報をどんどん発信していきますので
今後ともよろしくお願いいたします。


さてさて、本題へ

前回人生初のトライアスロンに参加いたしまして、
その時とてつもない疲れと共にとっても楽しい経験をしました。
(実際に海水を飲みまくって死ぬかと思いましたが、、、)

前回ブログをご覧になられた方であればご存じのはず、、、

詳しくは前回のブログをご覧ください
「トライアスロンの過去記事」

さて、そんな感じでトライアスロンを初めた私ですが

うっかりポチってしまいました。

TM01_UltDi2.jpg
新型Time machine?

いいえ、違いますよ


とても欲しい!!

購入したら自分のタイムが伸びることしか想像できないくらいです。

欲しいですが、、、、

ポチる勇気とお金がないです


さて、話を戻しまして
今回ポチってしまったのは、、、

そうです

アイアンマン70.3セントレア・ジャパン

エントリーしてしまいました。


完走できるか
など考えるより先に動いてしまいました。


この状況ですと
まず、次の日に勤務できる状態で完走できるかが
最優先になりそうですね。

完全に私事の報告となってしまいましたが
私用だけで終わらないのがバロンの良いところ


レース内容ですが
前回のオリンピックディスタンスと比較すると今回距離が各段に
伸びております。
前は比較的短めのレースだったのでボトル1本で持ちましたが
今回はボトルが足りそうにないです。
(前回の99T、バイク区間は40km 今回が90.1kmとなっております。)


なのでここで新戦力!!
水がなければ活動できない!
トライアスロンにかかせないハイドレーションシステムのご紹介です。


V0134.jpg
VISION TRIMAX Rear ハイドレーションシステム

トライアスロンといえばこのケージですよね。

リアケージにボトルケージ?
そんなのなんでもいいじゃん
と思いがちですが、意外とそうでもなくて

①いろいろアイテムが取り付けられる、
②走行中にボトルが勝手に抜けない、
➂使う際に乗り手に合ったポジション選択の多様さ
など要求されます。

無理な姿勢でボトルを取ろうとすると落としてしまったり
スイム終わりだと指先がまだ濡れていたりしてボトルを落とすリスクが高ったりします。
汗で滑りやすくもなったりしますね。
夏だとなおさらです。

滑りやすい環境でもしっかり指を掛けれる位置にボトルを配置できるケージがベストなんです。

エンデューロなどのレースでボトルを走行中に落として辛そうにしている人を
何人も見てきましたが水分摂取ができないとパフォーマンスの低下、
夏場は脱水症状に陥りやすくなったり危険です。

なにより落下物は他の選手にも危険を与えてしまいます。


では、なぜ地味に見えて重要なアイテム
リアケージでこの商品を選んだのかと申しますと


角度が多種多様に付けられることは当たり前

リア本体についてくるボトルケージがセットで付いてくるのに
良いものが付いているんです!

trimax_high_grip_cage.jpg
TRIMAX HIGH GRIP CAGE

実はこのボトルケージが単品でも売られているもので
非常にカッチリとしています。
真ん中の割れていないループ状のものと比較しますと
中割れ型で設計されているのでよりしっかりと挟み込んでくれます

包み込むと挟み込むでは大きな違いがございます。

固定力の違いは容易に想像できると思います!


それだけ?と思われる方もいらっしゃると思いますが

それだけではございません。

実はこれCo2インフレーターも取りつけられるんです

前後パンクしても対応できます!
いろいろ取りつけられるのは良いことですよね

では実際に取り付けてみましょう

KIMG0921_Ink_LI_convert_20170420170437.jpg

ココのところにインフレーターを取り付けていきます

今回取り付けるのはこちら

KIMG0917_convert_20170420172207.jpg
LUFT LF0104 Co2キット


レース時に2つ付ける予定なので一気に揃えてしまいました。

取りつけるとこんな感じになります。

KIMG0977_convert_20170420172749.jpg

レールに直接固定するので見た目も綺麗です

KIMG0980_convert_20170420180355.jpg

直接ボンベのねじで締めて止めるので、ねじ切りタイプのみの対応になってしまいますが
取りつけるとこんなにきれいにまとまります。

あとサドルレール付近にバンドなどで固定すればチューブなど入りそうです。
これ1つでタイヤ関係が手軽にまとまります。


ボトルケージとリアケージホルダーをまとめて購入したい方、
お手軽にリアケージホルダーを手に入れたい方におすすめです。

最近のトライアスロンのパーツに関して、ボトル+αは当たり前と
なってきておりますが、
アルミリアケージにボトルケージがセットとなっているのは
あまり見かけないのではないでしょうか?

価格は税抜き 7.200円
ボトルケージが単品販売で1.800円でしたので
単純計算でリアケージホルダーが大体3.600円くらいでしょうか、、、


意外と安い?
ルックスも良くコスパも良い

トライアスロンを始めたい方に是非おすすめしたい一品です。
耐久レースなどできるだけ補給を積んで走りたい方にもオススメです。


トライアスロンに参加する際はしっかり装備を整えて参加しましょう
転ばぬ先のなんとやら、です。


これからトライアスロンに使えそうな機材を
どんどんご紹介させていただきたいと思いますので。

お楽しみにー


一度レース装備で走っておけば車体の重心など分かることが
たくさんあるのでトレーニング前に装備をしっかり揃えてシーズンを迎えましょう



余談ですが

Co2インフレーターをご紹介させていただいたので
一緒に使用する際の注意点をお話したいと思います。


みなさんCo2インフレーターを使用した後、
必ずボンベ内の空気を完全に抜いておりますでしょうか?

「もったいない」と渋ってそのままにしていたり、
インフレーター内に少ししか空気入ってないのでいちいち空気を抜くのが面倒と、
インフレーターのヘッドを強引に外していたりはしておりませんでしょうか?

その気持ちは分かります。

まだ使えそうなものをなぜ捨てなければならないのか?
もしもの為のものにそんな金額をいちいち出してはいられない

渋ってしまう気持ちは分かりますが、

とても危険なので使用後は必ずボンベを空にして持ち帰りましょう


私の前で実際に起きた出来事ですが、

友人と境川のサイクリングロードに
ゆるゆるとサイクリングに出ていますと、
いきなり爆発音!

音と共に友人のサドルバッグが宙を舞う、、、

そして川に

ぽちゃん


境川は結構環境整備が整っていて路面がしっかり整えられていて、
うっかり川に落ちないように柵がしっかり付いています
柵のあるところへはサドルバッグを回収にはいけないです。


どうやら使用後のCo2ボンベ内の空気を抜かず
インフレーターのヘッドをつけっぱなしにして
サドルバッグにしまっていたようです。


サドルバッグが勝手に川にダイブした、、、、

一見笑い話に聞こえるかもしれませんが、

これがもし歩行者に当たっていたら、
一緒に走っている仲間に当たったら、

和やかなサイクリングも一瞬で惨劇に変わってしまいます。

インフレーターの空気圧はチューブレスのビードを上げるほどの圧があります。
クリンチャーですら適正圧まで空気を入れるとなるとなかなか大変です。
自転車に乗られている方でしたらご存じですよね。
それをたった数秒で疲れることなく空気を充填できるんです。

金属の塊が飛んでくる

人が投げてもケガをするのに

高圧の空気で飛んで来たら、、、

とんでもないことになりますよね


Co2インフレーターは便利で非常時にとても助かるアイテムです。
それゆえに正しい使用をしないと危険を伴うこともございます。
用法正しく使いましょう。

もったいないと思いますが一度使用してしまったら
必ず空気を抜きましょう

空気を抜く際にもご注意を!!

ボンベをそのまま素手で握って空気を充填したり、
ボンベの空気を抜く際も素手で行っていますと
とても危ないです。

気化熱によりボンベが急激に冷え、低温やけどの恐れがございます。

必ずボンベを使用する際はインフレーター用のスポンジやハンカチ、
グローブなどで包んで使用してください。



Co2インフレーターをうまく活用して
もしもの時に備えましょう


以上バロンでした!
プロフィール

フタバ社員DS

Author:フタバ社員DS
フタバ商店社員による新製品ならびにレースレポートの紹介

一般ユーザーの方でカタログをご希望される場合は、総合パーツカタログ(756円分の切手)、またはBMCカタログ(864円分の切手)+送料(80円分の切手)を同封の上、ご希望のカタログを必ず明記にて下記の住所までご請求ください。 (希望とするカタログを必ずご指示ください。 送料は3冊まで80円分の切手でOKです。4冊以上は160円となります。)

452-0822 名古屋市西区中小田井3-360 
㈱ フタバ商店 カタログ係宛


電話、FAXによるカタログ請求は
固くお断り申し上げます。

商品等の質問につきましては
info@e-ftb.co.jpまでお願いします。
弊社では一般の方への販売は致しておりません

最新記事
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード